読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

特区第10街区

サブカルやガジェットをメインにつらつら書いていくブログ。

白猫テニスで無理やり自演招待をする方法

最近白猫テニスにはまっています。

colopl.co.jp

なかなか完成度が高く奥が深く、すでに200万ダウンロードを突破しているとか。

そんな中始まった友達招待キャンペーン。招待される側のメリットがなく、微妙なものとなっています。友達には勧められない。でもジュエルはほしい。そこで自演招待をしたくなるところですが、まさかの1端末1回の制限が。そこで、今回は無理やり自演招待をする方法を考えてみました。

先に言います。働いて稼いだほうが早い。

 

1. スマホを集める

1端末1回ならば、その数だけスマホを集めればいい。白猫テニスの友達がいれば乗ってくれると思います。

友達がいない場合は買うという選択肢がありますが、間違いなくジュエル分よりも高くついてしまいます……。

 

2. エミュレータを使う

こっちのほうが手間はかかりますが現実的です。Androidエミュレータは様々な種類が出ています。今回はGenyMotionで行う方法を簡単に紹介します。簡単ではないので、Androidエミュレータと聞いてピンとこない人はやめておいたほうが無難です。

※公式の方法ではないので、自己責任でお願いします。

 

①GenyMotionのインストール

nelog.jp

Google Playのインストール

nelog.jp

③アプリデータ(apk)の吸出し

インストールしたGooglePlayストアでは、白猫テニスは「お使いの端末はこのバージョンに対応していません」と出てきてしまいます。そこで、アプリデータ、apkファイルを吸い出してスマホからPCに転送、そしてGenyMotionで動かしているAndroidにインストールする必要があります。

apkファイルを抽出するアプリはたくさんあるので、アプリで抽出してからUSB接続かクラウドかなにかでPCにapkをコピーしてください。

play.google.com

④アプリデータのインストール

CPUの互換性の問題でプラグインを入れる必要があります。そのあとにアプリをインストールすればできるはずです。

nekonenene.hatenablog.com

 

起動するときに端末の種類を選べるので、その種類を変えることで違う端末で招待をすることができます。ただやはり手間がかかります……。時間が余っている以外にはおすすめできないです。

そしてこの誰も幸せにならないキャンペーン、運営には何とかしてほしいです。ゲームの出来は本当にいいので、リセットしないタワー報酬とかスタミナゲームとか、改善待っています。黒ウィズをあれだけ長く続けていける会社なら何とかしてくれるはずだと期待してます。白猫テニスが息が長く続くゲームになりますように。

 

白猫プロジェクト 公式設定資料集&ファンブック2

白猫プロジェクト 公式設定資料集&ファンブック2