読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

特区第10街区

サブカルやガジェットをメインにつらつら書いていくブログ。

運動に最適な開放型のBluetoothイヤホンを探す

 最近ランニングを始めようと思い、そのためにイヤホンを探しています。せっかくなので使いやすいものがほしいと思い、ケーブルが邪魔にならないBluetoothのイヤホンを探しています。

しかし……

Mixcder ZeroSport ワイヤレス Bluetooth イヤホン スポーツ イヤフォン 高音質 カナル型 マイク内蔵 防汗 防滴 技適認証済 (イエロー・ブラック)

カナル型ばっかり!

カナル型だと外の音が聞こえなくなってしまうため、車や自転車が近づいても気づかない危険性があります。しかし開放型のイヤホンとなると有線ばかり……。しかし種類は少ないですがBluetoothで開放型のイヤホン、見つかりました。以下にまとめておきます。ぜひ参考にしてください。

Bluetooth開放型のイヤホン一覧

値段は2016年10月1日現在のものを載せています。

 JVC(4800円)

 PHILIPS(9700円)

 Dylan(3400円)

 PLANTRONICS(13200円)

 GRADE(3000円)

 ヘッドホンに近い形の製品は他にも二つ見つかりました。しかし見た目や値段の類似度が高いのでリンクに留めておきます。

GRDE Bluetooth 4.1スポーツイヤホン ミニワイヤレスヘッドフォン 耳掛け式 マイク内蔵 耐汗 ノイズキャンセル TFカード FM ラジオ機能搭載 (ブラック)

Dylan Bluetooth イヤホン CVC 6.0ノイズキャンセル機能搭載 ランニング仕様 耐汗 bluetooth ワイヤレス (ブラック)

どれを選べばいいのか?

選ぶ時の判断基準として性能を表にまとめました。

f:id:tenyard:20161001194220p:plain

「ケーブルの固定」というのは、首にかけたり服に引っ掛けたりしてケーブルを固定できるかを表しています。また、各製品ごとでイヤーチップに工夫がなされ形が異なるため、気になる製品は調べてみるといいと思います。

ちなみに私は、走り中にイヤホンが落ちたら嫌だと思ったので、フック型でかつケーブルが固定できるものを買いました。そしてデザインも含めて考えPLATRONICSの製品を買うことにしました。

それでは、快適なイヤホンライフを!